ガウラミニが欲しいならココっ!ポケット

ハイドロフィクスは、汎用品ACアダプタで、本体差込口の接触が不良。■デザイン性圧倒的に!Gaura miniの勝ち。水素水生成器は、これまでルルドを2年間利用し、最近、ルルドハイドロフィクスに買い替えました。

こちらになります!

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

ガウラミニ プレゼント ポケット★あす楽☆ ガウラミニ 卓上水素水生成器  アルミボトル1本プレゼント♪(GAURAmini)GH-T1 ルルド(TH)ポケット

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

Gaura miniは、常に1.0ppm(公表値)で出てくるので測定する必要なし。以下!ルルドハイドロフィクスとの比較です。■メーカー対応ハイドロフィクスは、商品の不具合でメーカーに送るも、適当な調査で問題ないと回答してきた。■総合圧倒的に、Gaura miniに満足しています。ハイドロフィクスは、水素吸入機能がついていますが、結局使わずじまいで返品しました。コーヒーメーカーでいうなら質感が、Gaura miniはデザイン家電並みで、ハイドロフィクスは、量販店のノーブランド品レベルです。■電源アダプタGaura miniは、しっかりとしたケーブル。メチレンブルーでは!水素生成方法の違いにより!Gauraの場合正確な濃度が出ないとのこと。■機能性旧ルルドを使っていた際に30分かけてポットで生成しておくことに不便は感じなかったが!Gauraでは!飲むタイミングで数秒で生成ができるので便利。。1ボタンで約1L連続生成して停止します。その後!Gaura miniにたどり着きました。)Gaura miniは!メチレンブルー試薬で!0.3ppmしか出なかったので問い合わせをしたところ!水素濃度の検査を行ってくれた(画像添付)。■容量ハイドロフィクスは、1.2Lまでですが、Gaura miniは、4Lタンクかつ、継ぎ足せば、すぐにいくらでも生成可能。ハイドロフィクスは日本製ということでしたが、設計上の不具合と雑な作りでメーカーと何度もやり取りをして返品しました。ですが!実機で検査してもらったところ!Gauraでも1.2ppmの飽和濃度が出ていた。Gauraは!ディノスでもお馴染みの商品です。ハイドロフィクスの差込口を手で触れると電源が切れるが「通常の利用では動作時に触れることはないので正常」とメーカーから言われた。■溶存水素量ハイドロフィクスは!1.2ppmに対して!Gauraは!1.0ppmなので!ハイドロフィクスの勝ち。おまけにGauraは!気泡水素が白濁するほど入っている(気泡は数秒で消えるが!水素が白濁して見える感じは良い)ハイドロフィクスは!水素メータがついているがこれはただのタイマーでポット内の溶存濃度の測定は不可能(つまり意味なし)。(その後、再調査を依頼したら、不具合の事実を認めた。